無料ブログはココログ

2004年5月16日

写真展「藤原新也の聖地」をみてきました。

自らが「大阪が通夜、東京が告別式、京都が納骨」と言う、還暦を迎えての3回の写真展。その最後の開催地である大丸京都店、大丸ミュージアムKYOTOに行ってきました。写真展は5月13日〜5月25日まで開催されています。
岡山からわざわざ泊まりがけで見に行くやつも居ないだろうなぁとおもいつつ、開店直後からゆっくりと鑑賞。

藤原新也の写真は出版された本の他には駒ヶ根高原美術館の常設展示「メメント・モリ」で見たことがあるだけでした。大判にプリントされた作品を見ることが出来て本当によかった〜。

綺麗なだけの写真とは違う、メッセージ性の強い作家の作品展だけに「じっくり」と鑑賞している人が多くいました。なんだかとっても嬉しかったです。

京都近郊にお住まいの方で、藤原新也を知らない、また知っているけど写真は見たことがないという方。ぜひ、見に行くことをおすすめします。いや、ぜひ見に行ってください。出来ればゆっくりと鑑賞できる時間を作って行かれるといいと思います。

久しぶりにいい時間を過ごしました。作品の内容については、ぜひこの写真展や著作で見てください。

続きを読む "写真展「藤原新也の聖地」をみてきました。" »

2004年2月 5日

奈良・吉備塚古墳から刀剣

<奈良・吉備塚古墳から人物像や龍・虎の装飾の施された刀剣を発掘>

 詳しくは吉備塚古墳発掘報告
 現地説明会は2月7日(土)→詳細

 人物を描いた刀剣の出土は国内では例がないそうで「稲荷山古墳などの鉄剣出土以来の驚き」と伝えたニュースもありました。写真を見たときには「お、なんだか中国っぽいねぇ」と思いましたが、やはり奈良大学の水野正好先生は「不老不死を願う神仙思想や道教的思想をあらわす貴重な資料」と指摘し「国内に神仙思想が伝わっていたことを実証するものだ。」と評価されているようです→報道

 いつのまに水野先生は「宗教考古学」って肩書きがつくようになったんだろう?などと思いながらも、この太刀はどのような経緯でこの古墳に埋葬されたのか興味が湧きますね。太刀が国産なのか中国からもたらされたものなのか。今後の発掘調査に期待です(^_^)