無料ブログはココログ

2005年1月21日

GO!GO!HEAVEN!

怪奇大家族が終了し、後番組ではじまったのはGO!GO!HEAVEN!なのでした。

ビックコミックスピリッツでの原作は読んだことがなかったせいか、ヒジョーに新鮮(?)というか懐かしい感じで(なにが?とか聞かないでね)また深夜のお楽しみが出来ました。

ベタな感じで、スゲー面白いです。役者さんもはまってますねぇ。

○原作
「GO! GO! HEAVEN!」
作 小原信治 、画 海埜ゆうこ(ビッグコミックスピリッツにて連載中)

○監督
二階 健 ( 『下弦の月』)

○出演
加藤 夏希、いとう あいこ、阿井 莉沙、川合 千春 、半海 一晃 / 岡本健一

怪奇大家族を見逃して悔しかった人は、いまなら間に合います。要チェックですよ!!

2005年1月 4日

カンフーハッスル観てきました

少林サッカーの興奮(と笑い)よもう一度!などと大げさに考えたわけではないですが、これは見逃せん!と思っていた映画「カンフーハッスル」観てきました。昨日のことでございます。

まあ自ら「ありえねー」なんて言ってB級宣言しているので、有る意味安心して見に行けるのがよかったですね。(なんか意味不明ですが)とにかく、朝8時30分にイオン倉敷に突入致しまして、12時からの字幕版の指定席を購入。そのあと開店直後のバーゲンで買い物をしつつ昼を待つ。という作戦で行きました。

映画の方ですが、一言で言って楽しめました。ストーリーはちょっとトホホな感じでしたが、各所にちりばめられたギャグとパロディ。日本のアニメや漫画の表現を実によく研究しているなぁと思います。そしてそこにカンフー映画のセンスを見事に織り込んだオリジナリティ。いや、これはDVDを待たずに大画面で観るのがおすすめです。ストーリーがもう少し出来てたら完璧だったのが惜しまれます。脚本はちょっと合格点には届きませんでした。

しかし、如意神拳なんてまるでマカロニほうれん荘・トシちゃん25才の「百歩神拳」を想起させます。(え〜?!ドラゴンボールじゃないの〜って言う人も多いと思うんですが・・・あのノリはマカロニに近いと思う。それは年齢のなせる技。はぁ〜すっぽんすっぽん)とにかく楽しめました。

で、映画のあと駐車場に出てみたら・・・・大混雑。駐車場に入る車と出る車で訳わからん状況に。開店前に突入しておいてよかったッス。早起きは3文の得。スムーズに混雑を回避しつつ映画も買い物も楽しんで帰った一日でした。

2004年12月17日

「怪奇大家族」にはまる

B級です。間違いなくB級深夜番組です。

でも、めちゃくちゃ面白いです。ムーを小馬鹿にしながらも読んでた人とかは最高に笑える作品です。各所に、B級オマージュがちりばめられています。それは怪奇大家族です。

清水崇監督ということで、めっちゃこわいかというと、そんなこともありません。なんでもテーマは恐怖と笑いと言うことですので、ぜひごらんあれ。子供がいる方は早く寝ないといけませんので、録画してこっそり見て笑いましょ!

最近のNo1マイブームです。

2004年8月22日

華氏911(FAHRENHEIT 9/11)観てきました

--お盆明けということもあってか、映画館はがらんちょでした。--

ということで、観てきました。華氏911(FAHRENHEIT 9/11)。
いろいろなところで絶賛や批判は書き尽くされているようなので、力を抜いて思うところだけを。

情報社会で、情報に埋もれてしまう怖さ。自分で考えて状況を捉える、自分の行動を決める、ということの難しさ。戦場へ送られる者と送った者の温度差。そんなことを漠然と考えています。

映画は、けして戦争反対というようなメッセージを投げかける物ではなく、戦争を継続させようとする者に気付くべきだというメッセージとして受け取りました。

それ以外には・・・鎌倉の武士団じゃないけど、征夷大将軍のブッシュに仕える武士団が命をかけて戦った代償としてのきちんとした御恩を与えていない事とか・・・国内に分け与える領土が無くなったからイラク出兵したような印象ですね。御恩は石油利権と武器商人大もうけ&復興事業利権。

自分が観たり読んだりしている報道や発表もそのまま鵜呑みにするのではなく「風が吹けば桶屋が儲かる」ということで、誰が桶屋なのか?に注目して見るべきなのかな。

華氏911(FAHRENHEIT 9/11)は、コカコーラとポテトチップスを片手に見てください。メッセージはアメリカ人に向けられた物なので、アホで間抜けなアメリカ白人の気持ちで見るといいかも。そんな映画でした。おすすめ度合いは・・・☆☆☆☆です。時間があればとにかく見に行きましょう!!

しかし・・・見もしていないのに評論してるようなサイト多すぎますね。

続きを読む "華氏911(FAHRENHEIT 9/11)観てきました" »

2004年8月13日

「リディック」面白かった(^^)

見てきましたよぉ。リディック。

スパイダーマン2とどちらを見るか悩んだ末に、確実性よりも可能性にかけて(笑)リディック。いやぁ、見てよかったッス。ストーリーの大事な説明の部分が「すぽぽぽぽーん」(c)相原コージって感じで抜けているので、お行儀のいい脚本でないとストーリーを追えない人にはちょっと雑すぎる映画かも知れないけど。全編を「雰囲気〜」で推し進めていく強引さ、いや、ご都合主義が心地よいのはなぜ(笑)

画像的な見所は惑星クリマトリアでしょうか。太陽に焼かれていくアツーイ感じがとってもGOOD。映画館で日焼けしそうになります。「ネクロモンガー」がどうしても「ネクラモモンガー」に聞こえてずっと笑ってました。スイマセン。

間違いなくお盆に(こっそり)見るべき映画NO1に推薦です!ホントだよ!

momonga.jpg
ネクラモモンガー裏側(想像)
・・・・むささびだよ。これは。

続きを読む "「リディック」面白かった(^^)" »

2004年7月19日

スチームボーイ見てきました。

きのう見てきました!スチームボーイ。

大友さんを好きな人はぜひ見に行ってください。とにかく「大画面で見ること」に意義がある作品ですよ。これは。
後からDVDで見ればいいかな〜なんて思ってる人は、見ないと損します。

ということで、感想。
(ネタバレっぽいので、見に行くつもりの人は開かないでね。)

続きを読む "スチームボーイ見てきました。" »

2004年7月15日

今週のNスペ・地球大進化「大量絶滅」

NHKのホームページで今週のNスペをチェック。17日は「地球大進化」でしたね。「全海洋蒸発」「全球凍結」に続いての絶滅ネタ。自然の力を地球レベルで考えさせられるこの番組、要チェックなわけです。

ところで「P/T境界絶滅事変」ってなんじゃいと思って検索。

古生代の終わりに,フズリナなどの海棲無脊椎動物が一斉に絶滅した。この事件は,古生代ペルム紀と中生代三畳紀の境界を特徴づけていて,ペルム紀(Permian)と三畳紀(Trias)の英語の頭文字をとって, 〝P/T境界〟 と呼ばれる。
大規模火成活動が原因か?高等学校理科総合B

ほほぉ。海棲生物種の95%が絶滅したとな。シベリア・中国南西部での火山活動が関係していて、空気中の酸素濃度が10%にまで低下した・・・火山と言うことだと、現在でも起きそうな異変ではありますね。この次の起こるのがK/T境界(TKに非ず)の絶滅。つまり恐竜の絶滅ですね。うーむ。

とりあえず予習でした。

2004年7月12日

アイ、ロボット 要チェックかな

アイロボット

9月18日公開の「アイ、ロボット」。ナレッジベースさんの記事に詳しいです。これは、要チェックですね。

とにかく、ロボットと人間というテーマ大好きな私としては見逃せない作品です。

ちなみにこんな記事も。なんだかシンクロで不謹慎な笑いを浮かべてしまいました。

米アイロボット社、米陸軍向けの偵察ロボット車両を開発へ

2004年6月17日

地球大進化:大海からの離脱・・・予習ぅ

6月26日放映のNスペ「地球大進化」の予習めもぉ。

【デボン紀】(4億8百年前〜3億600万年前)

造山運動の最盛期で乾期と雨期が交代あらわれる。より乾燥に適した「シダ種子植物」も現れた。昆虫やアンモナイトもこの時期に出現。肺魚が陸にあがったのもこのデポン紀。私の大好きなかわいい両生類イクチオステガちゃんもこのころあらわれたわけやね。(画像サイト:古世界の住人さん)

 シダ種子植物とはシダ状の葉に種子をつけた絶滅植物のこと。Nスペの予告サイトを見るとそこから進化した植物と考えられるアーキオプテリスが番組の話題の中心みたい。アーキオプテリスは大きな胞子を種子に進化させた植物とのこと。そっか、植物はシダ類を経て進化してきたのかね。真剣に考えたことがなかったのでちょっとトリビア。

さて、録画予約するか。

2004年6月 5日

世界遺産・麗江

「麗江」と書いてLI JIANGと発音します。カタカナで書いたらリージャンかな。明日の世界遺産は中国雲南省の麗江古城。

私が訪れた頃はまだ空港もなく(というか軍用だった)麗江へは大理・昆明からバスで行かねばなりませんでした。途中、大きな峠(おそらく3000メートル以上はあるでしょう)を越えていくハードなバス旅でした。空港がある今は楽なのでしょうね。

素晴らしい町並みは今でも心の中に残っています。明日の「世界遺産」は必見ですよぉ〜。

reikou1.jpg reikou2.jpg

関連たりーず・ふぁいる トンパ文字の思ひ出