無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月29日

焚き火台(スノーピーク焚き火台M)

ずっと欲しかった焚き火道具。スノーピークの焚き火台M。

M
焚き火台M

早速、実践投入してみましたが、これはスゲー優れものです。とにかく炎が安定するし、地面へのインパクトも最小限。用途の割には少し割高ですが、焚き火キャンパーには欠かせない道具だと思います。焚き火大好きなのに直火OKのキャンプ場が少ないとお嘆きの貴兄に、辛口の焚き火台。いかがでしょうか?

takibidai

携帯で撮ったので今ひとつの写りですが、この炎を見て心が熱くなったあなたはすぐにショップに走るべきです!(笑)

2005年5月23日

姫路トンカツ弁当の会

週末、東京へ行くため夕方のスーパーはくとに乗った時のこと。元からなんとな〜くダルダル〜な体調だった私は、見事に乗り物酔いになってしまったです。

その原因の一つがトンカツ弁当。

私の前座席と通路挟んで横とその前。出張帰りらしき5〜6人のサラリーマンスーツ姿の連中が、発車と共にトンカツ弁当食べた始めたです。

鳥取駅には「トンカツ専門店・新宿サボテン」というトンカツチェーン店が入っておりまして、テイクアウトも出来るようになってるです。お値段も手頃だし、美味しいし、車内で食べるお弁当には最適です。過去、私も同じコトやったので、彼らに食うなとは言えません。

けど、さすがに前後左右から漂うトンカツソース包囲網は強烈です。

車内に充満するトンカツソースの臭い。 ディーゼル独特の低いうなりと、微妙な振動、車体の揺れとともに山間部を激走するスーパーはくと。さらに、もとから微妙だった体調。
それらが渾然一体となって、私をめくるめく乗り物酔いの世界へと誘ったのでした。

その後、彼らは姫路下車するも、頭痛・肩こり・吐き気は収まらず。あまりにも激しい乗り物酔いのため、この乗り物酔いはトンカツ弁当のソースの臭いのせいだと思った私は、彼らの数にモノを言わせた行動を非難すべく、その件を旦那にメールしました。

そうしたら、それは姫路トンカツ弁当の会なる連中の陰謀ではないかと、言われました。

『東京の味を鳥取で!』

そんなキャッチフレーズの元、彼らは密かに姫路を本拠地に活動していたのではないかと。私は、たまたまその布教活動に出くわしてしまったのではないかと言われました。

なるほどそうだったかと微妙に納得しつつ(すな!)、新幹線乗り換えのため新大阪下車、東京行きホームへと移動して硬直。しまった、これ、乗り心地悪い500系のぞみじゃん・・・。 その後、結局新幹線でも酔いは収まらないまま東京到着。

鳥取〜東京の移動は長丁場。覚悟していたとはいえ、これほどしんどくなるなんて、大いなる誤算!スーパーはくとでの最初のつまづきが、結局東京駅まで尾を引いてしまったです。


帰り、スーパーはくとに「姫路トンカツ弁当の会」がいなかったのは幸いでした。 しかし・・・彼等の目的はいったい・・・?

ゲストライター:ワニた

2005年5月13日

「天地の門」発売が近づいてきましたね・・・

私がPSPを買うのはこのゲームが出てから!と決めている天地の門。PSP発売前のアナウンスの時からたりーずふぁいるは大注目していたのだ。

SCEのオフィシャルサイトもすでに多くの情報がアップされていて、ゲームの奥深さを感じることが出来ます。

なんと言っても、今までの成功作を引き継いだパート2ものではなく、オリジナルに創作された世界観とストーリー。東洋的な香りのする独特の雰囲気。

あー早く発売にならんかなぁ。早くPSPを買いたいのに、このゲームのせいで夏になりそうだ(笑)

と思っていたら、な、な、な、なんと

ファミ通PS2 7/8号増刊 ファミ通PSP Vol.2

特別付録は、なななんと、世界初のUMD体験版! SCEJから7月発売予定のオリジナルアクションRPG『天地の門』の特別編集版をドーンと遊べるのだ。UMDは製品同様のトールケースに入った豪華パッケージで、極秘の体験版特別企画も計画・進行中。誌面では好評のPSPにも使える各種シールはもちろん、期待のソフトをあまねく紹介&攻略予定です。

か、買わせて頂きます・・・。

続きを読む "「天地の門」発売が近づいてきましたね・・・" »

クジラを殺したマスコミ?

くじらさん 可哀想。

GWの珍客は、なんだか哀れな最期をとげてしまったようですね。それに関して、こんなブログ見つけました。

LOHASin房総:東京湾の鯨を追いかける過激報道陣


阪神大震災の時もだったけど、事件現場や災害地に各社大挙して押しかけるちゅー取材方法、やっぱり好きになれない。マスコミは何が取材したいの?マスコミは、なにを報道したいの?最近は特にわけ分からなくなってますね。

そんでもってそーゆーマスコミを最も的確に表現しているのは、この人のこの言葉なんじゃないかと、思ってみたりして。

勝谷誠彦の××な日々(日記です。)

ゲストライター:ワニた

2005年5月 8日

まどろみ

続きを読む "まどろみ" »

2005年5月 7日

エゾヒキガエルだらけの池に卒倒する

函館八幡宮の池には日本最北端に住むヒキガエルたちの産卵所があります。というかヒキガエルのるつぼというか・・・ちょっとカエルが嫌いな人だと卒倒しそうな状況が繰り広げられています。なにしろ(おそらく)100を越える数のヒキガエルが池でもつれてからまって交尾しているのであります。

PAP_0046

そして、ゲコゲコと鳴くわけですので、いや、壮観な・・・気色悪さです。大自然の神秘というか、なんというか。
音付きの動画ファイル(136KB)を付けときます。QTで見れると思います。

カエルの鳴き声「MOV01228.MPG」をダウンロード

カエルの団子状態はホントに気持ち悪です・・・。

続きを読む "エゾヒキガエルだらけの池に卒倒する" »

2005年5月 5日

鳥取名物「とうふちくわ」マスコットキャラクターの真実

北海道の両親の元へ帰郷。ということで何かおみやげをさがそうと思い立ちました。

岡山に住んでいるときは「これ!」というものが無くて困りました。まさかぶっかけ醤油ソフトクリームを送ることも出来ないし・・・。しかし、鳥取はそんな心配はありませんでした。まずは両親の大好物「らっきょ」があります。大陸産のものより小粒ですが、うまい。コリコリ感がちがう(らしい)。

それだけじゃつまらないので、とうふちくわの里へ。リンク先を見て頂ければわかりますが、ちくわの材料に豆腐を使用しているというもの。これがけっこう美味しくて、私実ははまっています。わさび醤油で食べるのが吉。酒の肴に良いですよ。

そこで出会ったのが「とうふちくわ」を全国に普及させる使命を帯びて生み出されたマスコットキャラクター!!

tofukun
「とうふちくわ君」です。
(ネーミングそのままやんけ〜)


・・・なんだかメカ沢君・・・いやこれは、ちくわ女(c)相原コージ・・・うーむ、もしや先行者の派生タイプか・・・

とうふちくわの知名度アップにがんばってください。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »