無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日

インターネットラジオの楽しみ

営業という仕事で車に乗っていると、やはりラジオというのが車内では欠かせないのです。

その昔、AMラジオ深夜放送にどっぷりとはまった私はラジオが大好きなんですね。大学生のころはミキサーやFMトランスミッターなどを友達の下宿に持ち込んで毎週ラジオの放送などをしてました。もちろん、そのまま受信できるリスナーはほとんどいないのでカセットテープに録音して配ったり(笑)

昼間によく聞くのがABC朝日放送。岡山でもしっかりと受信できます。しかし、今住んでるマンションの中ではちょっと辛い受信状況なんですね。鉄骨のせいなのか。

そこでおすすめなのがインターネットラジオ。ABCだとabc1008.com

九州や関東などへ引っ越されて、ABCが聞けなくなっちゃったヒトも、ここで上沼恵美子の大阪でしか聞けない主婦目線トークをぜひ聞いてください。

個人でインターネットラジオを開設しているヒトも増えてきたみたい。とっても私には楽しい状況なのでした(^^)

2004年12月30日

西武2軍がネーミングライツ売却・・・ふざけんな!!

西武ライオンズの2軍がネーミングライツを売却と言うことらしいですね。

西武、3年契約で二軍命名権売却=インボイス、球場名も獲得の意向−プロ野球

振り返れば、近鉄バファローズのネーミングライツ売却案が浮上した際に、反対したのはどこの誰だったか。状況が変わった事もあるし、2軍のネーミングと言うことなのかもしれないけど、「旧バファローズ」のファンとしてはなんだか「ふざけんな!」という気分ですね。

単なる愚痴ですいません。

2004年12月29日

「月のワルツ」:諫山実生

NHKみんなのうたで気になっていた一曲「月のワルツ」。諫山実生(いさやまみお)さんが歌われているこの曲が静かなブームとか。私も大好きな歌なので嬉しい限りです。

シングルを買おうかなと思っていたところ、アルバム「恋愛組曲〜ONE AND ONLY STORY〜」が新年1月26日リリースで、特典DVDには「月のワルツ」の映像が収録されるとのことではないですか!!これ買い!!です。いしづかあつこさんの描き出す幻想的な映像が何とも言えないんですよ。

まだごらんになっていない方は諫山実生オフィシャルホームページで一部分視聴できますので、ぜひ!!

おすすめです。

2004年12月23日

岩隈・東北楽天入り!  問題決着!

夜になって岩隈投手の楽天への金銭トレードが決定!ファンをやきもきさせていた問題が決着をみました。
近鉄時代よりも思い責任を負うことを自分から選んだ、球界屈指の右腕。全く新しいチームでの目標20勝を目標にがんばれ岩隈!

<オリックス>岩隈、希望通り楽天に移籍へ
「感謝の気持ちでいっぱい」=岩隈投手が仙台で会見−
岩隈選手トレードの件 - オリックス・バファローズ

オリックスももっと早くこうしておけばイメージ悪くならなかったと思うんだけど。でも、ユニフォームは最悪です。

2004年12月21日

恋とは変のこと

去年考えてた事を思いかえしてみるというのも日記の使い方でしょう。

恋は感情だから同時に「好き」と思うことは出来る、と思ったりする。でも、綺麗なヒトだから好きになるってことは無くって、やっぱり愛する人とどこか共通項を持ってるひとを好きになるんだろうな。

愛する人以外に好きな人がいてはいけない・・・というのは精神の束縛でしかないけれど、愛する人を傷つけるような恋はしてはならないだろうし、「愛すること」が意思であるならば、その意思によって恋を封じることもあるでしょう。

だからといって、自分の心の中にあふれてくる感情を押し殺してしまっていいのか。

ヨン様ブームで湧くお嬢様方にその回答を見たような気がします。生活と感情は違うものだと・・・(ホンマカイナ)
感情を殺さずに発散する方法を見つけた彼女たちの「若さ」に女性の強さを見ます。

恋とは、自分の感情で自分自身が変わっていくと言うこと。恋は変なのだ。

おそまつ

2004年12月20日

中東参勤交代・その後

中東でアメリカ幕府に対する参勤交代が行われてるなんて書いてから一年がたちました。

日本・韓国が派遣を延長するなか、本当に参勤交代的な様相を呈してきましたね・・・。アメリカのために金を使うのを嫌だと思う国は義理だけ果たしたらさっさと撤退してますしね。

一年を振り返ってみて思うのは、この問題「賛成・反対」という議論ばかりで終始してしまったような印象。直接選挙の行われる来年初頭で、問題に対するある程度の答えが出るのかなと言うそんな気がしています。

イラクに行かれている自衛隊員のかたの無事のみならず、イラクに住む人達の平和を祈ってやみません。
いまここで、私に何が出来るわけでもないのですが。

2004年12月19日

岩隈よ、どこへいく・・・

去年の今日は日本ハム・新庄誕生!とか言ってたわけで、まだバファローズの優勝に向けがんばろうぜなんて思ってたのでした。もう一年、短いモノです。

先日、岩隈はオリックスでのプレー拒否を正式に伝えました。オリックスには選手の意思を尊重する姿勢、プロ野球界全体を盛り上げるための判断をお願いしたいところです。オリックスのオーナーがTV番組で「長期的に見ると今回のゴタゴタはプロ野球界にはマイナス」などと言っておったようですが、何がマイナスだったのかというとあんたの存在だった、って事に早く気付いて欲しいものです。

2004年12月18日

流・星・影

白く濁る息のむこう
見上げる双子の星座

「お兄さんは六重連星なのよ」と
得意げに笑ったひとの面影

私を何台もの車が追い抜き

ヘッドライトが
影をいくつにも切り裂く

星は私に
影すら与えてはくれない

ただ、ただ遠く

そっと瞬くだけで

2004年12月17日

「怪奇大家族」にはまる

B級です。間違いなくB級深夜番組です。

でも、めちゃくちゃ面白いです。ムーを小馬鹿にしながらも読んでた人とかは最高に笑える作品です。各所に、B級オマージュがちりばめられています。それは怪奇大家族です。

清水崇監督ということで、めっちゃこわいかというと、そんなこともありません。なんでもテーマは恐怖と笑いと言うことですので、ぜひごらんあれ。子供がいる方は早く寝ないといけませんので、録画してこっそり見て笑いましょ!

最近のNo1マイブームです。

「Archaic Chain-アルカイック・チェイン-」皇なつき×天河信彦 第4話なり

昼間に買ってきたコミックブレード・マサムネ。

読むのは「Archaic Chain-アルカイック・チェイン-」だけなんだけど、とりあえず買っちゃいました。

・・・エンジェル・ラダー教団ですか・・・ようやく「敵」らしき姿が見えてきましたね。それにしても皇さんの描く女性はかわいいですね。立ち姿も「うまいなぁ」と思いますねぇ。ブレードマサムネ掲載の他の作品とはちょっと趣の違う線なので浮いたような感じがします。悪い浮き方じゃないんですけどね。

他の作品は派手な戦闘シーン炸裂型が多いのですが、「Archaic Chain-アルカイック・チェイン-」はどんな和風な戦いを描いてれるのか、期待しています。

2004年12月16日

忘年会のシーズンですね〜

一年前の今日、私は忘年会の翌日で二日酔いだったようです(笑)

今年は14日に忘年会でした。だいたい同じ時期にやってるんですねぇ。あらためて日記の楽しさを知ったりして。今回の会場は「遊・膳 晴れ屋」さんでした。寒い季節と言うことで鍋中心のコースをお願いしたのですが、フグ鍋でした。

フグの出た忘年会ははじめてだったのでちょっとびっくり〜。店員さんは親切で、なかなかいい感じでした。さて、新年会はいつだったかな〜。

5本指のススメ

最近はまっているモノ・・・それは

続きを読む "5本指のススメ" »

たりーず・ふぁいる一周年

昨日で、このブログも一周年となりました(^^)

アイドリングのままつらつらと書いてきましたが・・・我ながらよく続いたものです。いままで日記の類は続いたことがないですからね〜。

今後ともよろしくお願いします。

2004年12月12日

函館山

今日、両親から荷物が届いた

シャケは辛塩で、焼くと真っ白になる
タラコは無着色で,見た目はマズそう

毎年
これら北海名物を口に運びながら
函館山に打ち寄せる
海峡の早潮が岩に砕けた白濁の泡を
おでこのあたりに思いかえす

星空の一番明るいところを切り取ったような夜景を見るとき
その背中で、砕け散る波たち
そのざわめき
そのつめたさ

父と母は坂道を降りた魚屋で
そんな故郷の記憶まで詰め込んで
決まってこの季節に
送ってくるのだ

2004年12月10日

なんか、むかつくよね

久々の書き込みでこんなネタはどうかと思いつつ・・・

オリックス・バファローズのホームページ。選手紹介>投手・・・と辿っていくと・・・

「岩隈」の欄があるじゃん。しっかりプロフィールには「近鉄→オリックス」って書いてある。

いや、いろいろ事情とかはわかるけどさ、厚顔すぎないかね。
年末の忙しいときにほんと、なんかむかつくよね。

大阪人からは愛されないよ。そんなみみっちいことしてるチームは。情け無い。

2004年12月 2日

表フユソナ、裏失楽園

あ・・・ヨン様ですか。

すごいですねぇ、ヨン様ファンの女性陣。あのハマり方、さて、熱狂している世代のコアがどこなのかよくわかんないけど、けっこう年配の方も多いですね。

・・・なんとなく、ワニた的に思い出すのが失楽園ブームだったりして。失楽園は、不倫のはての腹上死が至上の愛よんってのがテーマで、オバサマどころかオジサマの共感も呼んだっけか?不倫がテーマの恋愛小説が日経新聞連載っていう点でも話題を呼んだけど、フユソナは純愛よね。正反対。つーことで、表フヨソナ、裏失楽園って感じもねぇ、するんだけどな。

だって、たとえいくら失楽園が作品的に質がよかったとしても、それはともかく人生変えるくらいにハマっても、テーマが不倫だからあんまりおおっぴらにコレガ好き!とは言えないもんだ。うん、やおい趣味みたいなもんだね。まっとうに作品が好き!はあるんだけども、おおっぴらにザックラが好き!とか、平コ!とか、ゾロル!とかサスカカ!なんていえません。同好の士には言えても、ご同類以外にはいーたくないし、言えないし〜。けどさ、圧倒的なキャラ依存の構造は、萌え、よね。

んで、フユソナ。純愛です。(セカチューと一緒ね)これ、誰もが懐古的ドラマよねって分かっちゃう。(わかんないのはそれを知らない世代だろーし)純愛だから、おおっぴらに騒いでも怒られない。
うろんな視線を浴びるのは、非道徳的、反社会的作品がな好きだからだからではなくて、その愛情溢れすぎる行動力ゆえだもんな。そー考えると、フユソナは安全パイです。
別に、アイドルグッズで部屋埋め尽くしたり、スギ様おっかけやってるおばちゃんだっているんだもんよ、いまさらじゃん?

ヨン様ブームは、今までにない韓流ってんですか?だからでしょ。ヨン様のどこがいーかわからん!とのたまう方々よ、じゃぁ、クイーンを世界で最初に評価し熱狂して向かえたのが日本女性だったって事実、どー考えんだ?いまでこそ、クイーンはドラマで使われたってんで再ブームになったけどさ。当時は、あの軟派なキラキラぴらぴらドレスアップなコスチュームとかで最初はキワモノ扱いだったじゃん。

ってことでですね、色んな面で欲求不満パワーを持てあましている年配少女達にビビっているだけのことでしょー。年配少女のお相手たるその元少年達は、結婚相手であっても恋愛対象じゃなかった、そんだけじゃん。
だからね、女性にとって時代と世間様に逆らってまで自分の人生切りひらくには、よほどの才覚が必要だったからさ、それが出来なかった多数派な人達は悲しいかな安全パイを選ぶんだって、ただそれだけのこと。
失楽園にはまれるほど倫理観ぶっ飛べない方々が、安心してはまれるのが純愛で、ついでに、いまの若い子は純愛がどーゆーもんかわかんないからはまる、そんだけでしょ。

いや〜、純愛ってほんといーですねぇ〜♪

ついでにいうとですね、アジア系の俳優さんはお肌が綺麗なんです。ハリウッドスター、どっちかってーと肉食ケモノ系のお肌なんだもん。デジタルハイビジョンに耐えられるお肌は、どっちだろー?


ゲストライター ワニた♪

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »