無料ブログはココログ

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月26日

PSP注目タイトルは「天地の門」だっ!!

東京ゲームショウ。なんでも史上最高の入場者だそうで、ゲーム市場が縮小か?などと言われているのが嘘のよう。要するにパート2にみんな飽きちゃって、新しいドラマの始まりをみんな待っているだけじゃないか?と勝手に思いこむ(いや思いこみというのは勝手にやるものなのだが)のであります。

で、ゲームショウで公開されたPSPタイトル!のなかで私が注目するのは、SCEから発売予定の「天地の門」です。ムービーをここで見ることが出来ます。どうやらフルボイスでアクションRPG。敵は「遮光器土偶」や「玄武」みたいだったりで、とっても和風。朱雀という名前もゲージに見えたり。どうやらレベルは「○段」という感じでアップするようです。名人とか剣聖とかまでレベルアップできるかどうかはわかりませんが、なかなか好きです。こういうの。

GAME Watchの記事でも

会場では通常の敵キャラクタを倒しながら進み、数分で到達するボス戦まで遊べるようになっていた。セールスポイントの剣術アクションを試してみたところ、携帯ゲームとは思えないほどの滑らかなアクションが見られ、思っていた以上に好印象だった。用意されていた技もかなりの数で、今回の体験版でも技の組み合わせを充分に堪能できた。

 アクションゲームファンならばともかく、完全な新作ということで敬遠する人もいるかもしれない。しかし、PSPブースに足を運んだ際には、ぜひ遊んでほしい1本だ。「天地の門」の滑らかなアクションを体感して欲しいのはモチロン、PSPの性能を確認するにはうってつけのタイトルといえるだろう。

と書かれております。新しいゲーム機だからこそ新しいゲームの形。いまから期待がふくらんでおりますよん!!

続きを読む "PSP注目タイトルは「天地の門」だっ!!" »

オリックス・バファローズ・・・名は残っても・・・

最近野球の話題ばかり書いていますが、正直なところ私の一番の関心事になってしまいました。

今日はスポーツ紙をコンビニで買ってきて読んでいました。(いやぁ昨日のバファローズ大阪ドーム最終戦はいい試合でした(^^))
「記録よりも記憶」「負けの美学」というのもあるでしょうが、やはり日本一になれなかったチームは消えていくしかないのか・・・もうその件に関しては言葉もありません。ただただ悲しいだけです。仕事があったので行けなかった満員の大阪ドーム・・・行きたかったです。

ところで、その合併チームですが名前が「オリックス・バファローズ」との事。大阪の字もなくなるようですね。まあ、大阪は「お好み焼き定食」を受け入れる文化を持っているので「主食同士のセット」でもいいのかも知れませんが、ブレーブスを無くしたオリックスのことですから、いつかバファローズの名を消してしまうのだろうと思います。オリックスは巨人と同じく信用ならん。

・・・と思っている、バファローズファンは素直にオリックス・バファローズを応援できないですよ。

解決策・・・大阪ドームでの試合は近鉄から獲得したメンバーだけで試合するとかね。

仙台新球団も波乱がありそうだし、スト回避とはいえまだまだ野球好きな私としては気持ち悪い日々が続きそうです。スカイAで近鉄戦の再放送でも見ながら年末へ突入といった感じ。ため息の日々が続きますね・・・

2004年9月20日

プロ野球発展の抵抗勢力が明らかになった

2日間のプロ野球のストライキ。そこでハッキリしたのは「抵抗勢力」がいったい誰なのか、ということ。

巨人とオリックスの経営陣が一番の病巣なのだ。何の審査をするのかもわからない。一部上場企業のなにを審査するのだろうか・・・。

楽天・ライブドアさんにはとりあえず球団を作ってもらう。来期2005年、パリーグに参入出来なくとも、この2チームで20試合程度、実際に試合をしてみてはどうだろうか。そしてシダックスや、心あるセパの数チームと交流試合もすればいい。・・・あわよくば第3のリーグを立ち上げてしまってはどうだろうか。

社会人野球のチームを独立採算性にしたい企業は沢山あるんじゃないかな。そういったところを取り込んで6チーム作れば十分に別リーグになるよ。

弱いか強いかなんて関係ない。応援できるチームがあることが私には重要なんだ・・・。

そんな気持ちを強くした週末でした。

2004年9月13日

癒し系グッズ「:mattari」の系譜

京かおりの記事へのコメントで「気になる〜」とのありがたい(?)お言葉をいただいたまったり君。実は我が家に数匹生息しております。

まずは去年、購入された「初代まったり」
f2.jpg
大・中・小の3サイズあります。一番大きいまったりは口から手を入れると手首くらいまでしか入りませんが、その後マイナーチェンジをしたようで、最近ヨドバシ梅田店で見たやつはかなり奥まで手が入りました。生地が薄くてちょっと破れそうな感じ。実際、まったり君のおなかが裂けて中のビーズが少し漏れました。

次に、今年初めに購入された「まったり2世」
f3.jpg

起毛素材で、暖かい。丈夫な生地でしっかりしているのでふにゃふにゃ感はないもののまったり感はある不思議な奴です。腕を突っ込んでパンチやチョップするとかわいいです。

そして、このたび新発売になった「まったり3世」グラデーションタイプ!
f4.jpg
3色の生地を使いおしゃれになった!そしてアロマポケットを装備しており「香り袋」をセットすると香りのまったり君に。しかし、中身が入りすぎていて、ちょっと「デブ」です。これは中・小の他に「ロング(60cm)」というのが存在していてバリエーションが増えております。さらに、冷やしたり暖めたりすることの出来るジェルを内蔵した:mattariも確認されており、そいつは手に入ればレポートします。

とにかく、こいつらのおかげでベットが狭い。けれども寝相にあわせて配置されるので、まったりとした睡眠を手伝ってくれます。(八つ当たりも可能)

ということで集合写真。
f1.jpg

2004年9月12日

一喜一憂しない事にする・・・プロ野球再編問題

週末のストライキがとりあえず回避されて、福岡ドームでノリが復活のホームラン!で上機嫌なわけです。

ニュースによると合併新球団のスタッフ人選なんかもはじまっているみたいで仰木さんやら原さんやら掛布さんやらの名前が出ていますね。結局、オーナー企業は「事業を見直す」程度の認識なわけでプロ野球全体の事などは考えていないということ。最初からわかってるけど、明らかになるにつれ腹立ちも強くなりますね。

まあ、そこでですね、精神を健全に保つためにデスねこの問題に関しては「一喜一憂しない!」ということに決めました。何か事がある度に脊髄反射的に「オラー」と叫ぶのに疲れてきてしまった(^_^;)

今年はもう一回、大阪ドームに応援に行きたいですね。プレーオフはかなり遠いですが「根性みせたれ〜」ですね。

2004年9月 2日

井六園「京かおり」を知る。こりゃうまいわ。

井六園の京かおり。週末にキャンプに行った篠山のコンビニで発見して飲みました。これはうまいっす。なんでも井六園ショップと関西圏のファミリーマート・am/pm、中部地区のココストアでしか買えない。

「京かおり」とはなにかっていうと「ペットボトルの抹茶」です。しかも驚いたことに、キャップを開けると抹茶の粉末がペットボトルの中に落ち、それをシェイクすることで完成する・・・本物の(?)抹茶です。お茶菓子もちゃんとした物が欲しくなりますね。キャンプ場で星空を見上げながら抹茶を飲む予定でしたが、あいにくの台風雲のため星は見えず・・・強風にあおられながらのワイルドな環境での抹茶はまた格別でした。

ちょっと高いですが、価値有り。手軽に抹茶が飲めるのは画期的です。ペットボトラーなみなさん、ぜひお試しください!!ただし、本物の抹茶と比べちゃだめっすよ。ちょいと薄い目です。濃い茶が欲しい人は、振る前にちょっと水だけ飲んじゃいましょう(笑)

DSC01141.jpg

右側は開封前。左側は開封後。中身の色の違いがわかりますかね。ボトルの後ろにいる謎の物体は・・・まったりくんです。

続きを読む "井六園「京かおり」を知る。こりゃうまいわ。" »

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »