無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月30日

近鉄合併問題に待った!!

行ってきました大阪ドーム。29日のロッテ戦は白熱のゲームで、大盛り上がりでした。最後は磯部がサヨナラホームランで決めてくれました。くぅ〜。ステキです。

ちゃんと合併反対の署名もしてきました。デモ行進には参加できずに残念。

DSC01136.jpg

気合いの入った横断幕やプレートがいっぱい。なかでもマリーンズのファンの掲げた横断幕には拍手でした。

DSC01140.jpg

この試合の熱気をオーナー達も感じて欲しいですね。球場に来て、グランドの上で決着を付けて欲しい。そう思います。

2004年8月24日

長島ジャパン・準決勝で敗れる・・・に思う

いい試合だったと思います。

ピッチャーだけを見れば・・・西武対阪神の日本シリーズのようでしたが、こうなったらキューバにではなくオーストラリアに金メダルを取って欲しいと思うのは、高校野球魂が抜けきっていないのでしょうか。

ともかく、野球。大好きなんですよね野球ってスポーツが。プロ野球だけでなくってね。

でも、野球ってスポーツの頂点に立つべきプロ野球が変な状況。オリンピックを見れば日本の野球がハイレベルなのは誰の目にも明らかじゃないですか。なのに西武の堤オーナーは「野球のレベルが下がってるからチームを減らして密度を濃くすることでレベルアップ」などとほざいている。野球見てない人は語らなくっていいよって感じ。

ライブドアもいろいろ仕掛けてる。シダックスの野村さんも動いた。

でもなんだか消化不良。選手会も動いてる。ファンも動いてる。なのに何かが足りない。

「そうなんだ」って気がついた。マスコミだ。マスコミ・・・今回はなぜか、すごく他人事のようじゃないか?自分たちの飯の種がひとつ、価値を下げようとしているのになんか中途半端な他人事報道。それは報道としては正しいのだけども、いきなりスタンスを変えたわけじゃあるまい。何に遠慮してるんだ?読売の報道に迎合してるのか?

マスコミが全くファンの声を代弁しないのはなぜなんだろう。事の行方をただ見守っているように見えるのはなぜなんだろう。単なる気のせいなんだろうか?スポンサーとか放映権料への影響を懸念してるんだろうな。やはりマスコミは信用できないのか。

パリーグを消し去ろうとしているのはオーナーだけではない。マスコミもまた主張しないことでそれを手助けしているのだ。オーナー達はマスコミの反応を見て「ファンにも理解してもらえる」などといっていることに気がつかなければならないぞ。もっともっともっと、ファンの声を取り上げて欲しい。それがマスコミのもう一つの使命じゃないのか?

なんだかうまくまとまらないので、編集するかも知れないけど、言いたい事書いたのですっきりした。今日、人間ドックでのんだバリューム(プレーン味)も体内から無くなってすっきりしたよ。はぁ。

2004年8月22日

華氏911(FAHRENHEIT 9/11)観てきました

--お盆明けということもあってか、映画館はがらんちょでした。--

ということで、観てきました。華氏911(FAHRENHEIT 9/11)。
いろいろなところで絶賛や批判は書き尽くされているようなので、力を抜いて思うところだけを。

情報社会で、情報に埋もれてしまう怖さ。自分で考えて状況を捉える、自分の行動を決める、ということの難しさ。戦場へ送られる者と送った者の温度差。そんなことを漠然と考えています。

映画は、けして戦争反対というようなメッセージを投げかける物ではなく、戦争を継続させようとする者に気付くべきだというメッセージとして受け取りました。

それ以外には・・・鎌倉の武士団じゃないけど、征夷大将軍のブッシュに仕える武士団が命をかけて戦った代償としてのきちんとした御恩を与えていない事とか・・・国内に分け与える領土が無くなったからイラク出兵したような印象ですね。御恩は石油利権と武器商人大もうけ&復興事業利権。

自分が観たり読んだりしている報道や発表もそのまま鵜呑みにするのではなく「風が吹けば桶屋が儲かる」ということで、誰が桶屋なのか?に注目して見るべきなのかな。

華氏911(FAHRENHEIT 9/11)は、コカコーラとポテトチップスを片手に見てください。メッセージはアメリカ人に向けられた物なので、アホで間抜けなアメリカ白人の気持ちで見るといいかも。そんな映画でした。おすすめ度合いは・・・☆☆☆☆です。時間があればとにかく見に行きましょう!!

しかし・・・見もしていないのに評論してるようなサイト多すぎますね。

続きを読む "華氏911(FAHRENHEIT 9/11)観てきました" »

2004年8月18日

Route 25

言葉だから伝わらない
そんな気持ちがある

つたうものの意味がわからない
なぜ涙を流したのか
君の口をついて出るのは「どうして」という言葉だけ

僕には言葉がなかった
体の芯をふるわす、この気持ちを
だから黙り込んでしまう

  いつもの川沿いの道を
  11000rpmで駆け抜ける
  モーターの音
 
言葉では伝わらないから
そばにいなくちゃいけない
そう叫んでいる
そう叫んでいる

2004年8月16日

騙されても癒されていた・・・んじゃない?

ナベツネが辞任して、オリンピックも始まって、甲子園もあったりするなか、福井で原発事故があって、イラクは相変わらず混乱状態で、華氏911は来週日本公開。(順不同)終戦も原爆の日もなんだか影がかすんでいる気がする2004年夏。

いろんなニュースが日替わり定食みたいに話題に上っているんだけども、わし的にへんなの〜と思うのは、温泉疑惑ってやつですね。白骨温泉の露天風呂の着色に始まって、日本各地の温泉街で「温泉詐称」が次々発覚!ってやつです。

・・・まぁ、騙された!という気持ちは分からなくはないし、源泉引いてないのに温泉は嘘だよなってのもあるんだけど、不思議なのは、みんな本当にそんなに温泉がそこら辺で簡単に湧いていると思っているだろーか?ちゅーことです。

だって、温泉に限らず誇大広告なんてざらにあるし、地元特産物とか名所・旧跡・伝説・伝承etc、観光用に吹聴している部分なんてーのは多かれ少なかれ、あるでしょう?だから、胡散臭い説明に「ほんとかよ?」と思う部分はわりとあるはずだし、そんなもんきょーみ無いもん!っていう人も、多分いると思うんだよね。

昔は、温泉なんて基本は湯治場で、若くて健康な連中がこぞっていく場所じゃなかったと思うんだけど。だから、そーゆー時代にはそれなりにどれも本物の温泉だったと思うけどさ。

だからさ、いくら火山大国日本でも、そんなに源泉があるわきゃないだろーが。ついでに、無尽蔵で一定レベルの湯が湧くわきゃないだろーが。と思うのは私だけなんだろーか?源泉は工業製品じゃないんだから、何十年・何百年と同じレベルなわけないじゃん。温泉は湧くんでしょ?ならば、涸れるってことも当然あるわけじゃん。だったら、色が無くなってもおかしくないだろーと思うんだけどね。

詐称する温泉宿も宿だけど、客の方も無知すぎるんじゃないのかな?

ゲストライター ♪♪ ワニた ♪♪

2004年8月13日

ナベツネ退場!!巨人軍不適切なスカウト活動

ついに球界の一番の問題部分が浮き上がってきましたね。プロ野球界の重体が叫ばれてからもう数年になるのですが、ようやく病巣が摘出された感じ。早期治療が出来なかった分、完治には時間がかかるかも知れない。けれども野球ファンの一人としてなんとか立ち直って欲しいと思っています。まさかガン細胞が転移してるなんて事はないよなぁ・・・。

 選手会がストライキという最悪の手段を行使しないためにもナベツネ抜きのオーナー会で、正しい判断が行われるように祈るばかりです。

まあ、「たかがオーナー」が一人いなくなったからと言って流れが急に変わる事はないかも知れない。裏で院政をひく可能性だってあるからね。でもでっかい腐ったくさびが抜かれた今が、本当に立て直すチャンスだと思います。

記念すべき400エントリー目が、にっくきナベツネ辞任のニュースの話題になるとは・・・。

なんだかわかんないけど、ばんざーい!

「リディック」面白かった(^^)

見てきましたよぉ。リディック。

スパイダーマン2とどちらを見るか悩んだ末に、確実性よりも可能性にかけて(笑)リディック。いやぁ、見てよかったッス。ストーリーの大事な説明の部分が「すぽぽぽぽーん」(c)相原コージって感じで抜けているので、お行儀のいい脚本でないとストーリーを追えない人にはちょっと雑すぎる映画かも知れないけど。全編を「雰囲気〜」で推し進めていく強引さ、いや、ご都合主義が心地よいのはなぜ(笑)

画像的な見所は惑星クリマトリアでしょうか。太陽に焼かれていくアツーイ感じがとってもGOOD。映画館で日焼けしそうになります。「ネクロモンガー」がどうしても「ネクラモモンガー」に聞こえてずっと笑ってました。スイマセン。

間違いなくお盆に(こっそり)見るべき映画NO1に推薦です!ホントだよ!

momonga.jpg
ネクラモモンガー裏側(想像)
・・・・むささびだよ。これは。

続きを読む "「リディック」面白かった(^^)" »

2004年8月12日

日航機墜落事故19年に想う

日航機墜落事故から19年。

あの時、自分は何をしていたのだろうか?と思いかえしてみました。19年前の今日。私は高校時代在籍していた部活の後輩達が星の撮影に出かける、という企画にのっかって兵庫県は八伏の民宿にいました。確か、流星群のピーク近くだったように記憶しています。自作の流星撮影機やタカハシの望遠鏡を担いで民宿の前の小高くなったところに観測地点を定め、テントなんかを張っていました。

その日は本当にいい天気でした。

設営を終えた私たちは夕食をとるため、宿の食堂にあつまりました。ちょうど夕方の19時過ぎだったでしょうか。TVの伝えるニュースと搭乗者名を知らせるテロップに、釘付けになりました。

その後、日も沈み私たちは予定通り観測と撮影を始めました。流れ星が走っても歓声が上がらなかったのをおぼえています。ずっとずっと、夜が明けてオリオン座が朝焼けに溶けて消える頃まで夜どおし、星を見つめていました。


今日はペルセウス座流星群のピークだそうです。今夜、夜空の見えるところに出かけて流星をさがしてみようかと思います。みなさんも、ぜひ夜空を見上げてください。きっとたくさんの流星が見えると思います。

2004年8月10日

遠方より友来たりて、さらに遠いところに坂崎幸之助寄贈の暖簾を見に行く

先日のことですが、関東方面より友達が遊びに来ました!

んで、まあしょうゆぶっかけソフトに行ったり、備前刀剣を楽しんだりしたのです。しかし、その前日に、その友人を岡山駅で車に乗せた私。アル中(アルフィー中毒=熱烈なアルフィーファンの事らしい)である友人を私はなんと「松江」に連れて行ったのでした(^_^;)

目的地は、そう、おまけフィギア等が20,000点以上も店頭に並んでいるという(ある意味)伝説の出雲そば屋「大名陣」さんです。店内はおまけフィギアのみならずおもちゃだらけ。ガンダムの武器の形をしたエレキギターや、大量のブースカやらものすごい状況です。あえて写真は店の外観を・・・

daimyou.jpg

目的の物をじっくり見る前にまずはそばをいただきました。古式出雲そばというものらしく、真っ黒け。つゆもかなり濃く、インパクトのある味。うまいかどうかは出雲そばスタンダードを知らないので判別不能。

izumosoba.jpg

そして、お食事の後店内のフィギアを拝見。チョコエッグ等、すさまじい量でした。アル中の友達は、店内に多く飾られている「アルフィー」ゆかりのものをじっくりと。なんでもこの店のオーナーの友人だそうで、アルフィーファンなら出雲に行くべし!というレアさ加減。サインを印刷したマッチなんかももらいました。秩父の喫茶店(だったかペンションだったか)に出かけるようなコアな人はぜひおすすめです。

最後に、アルフィーの坂崎幸之助氏寄贈の暖簾をくぐって店の外へ

noren.jpg

そして、夕食までに岡山へとトンボ帰り。なんか疲れたぞぉ(笑)

2004年8月 8日

備前おさふね刀剣の里に行ってきました

夏休みの宿題に刀作りの工程をレポートなんてどうでしょうか?

今日は備前おさふね刀剣の里へ行って来ました。備前長船刀剣博物館の隣に刀剣の里が作られていまして、鍛刀場、仕上場、ぬり、はばき、金工、研、鞘、柄巻・・・など各工程を見学できるようになっています。今日もさびの出た日本刀を研ぎ直すところや、刀を鍛えるところを見てきました。

なかなか、生で刀を打つところを見ることはないはず。真っ赤に焼けた鉄を打つ「鍛刀」はかなり汗だくで見ましたが、とにかくその「音」に感動しました。ムービーをアップしますのでぜひご覧ください。クイックタイムで見れると思います。携帯で撮ったので縦横が変ですが、ご容赦。とにかく音がしびれます。

夏休み、子供を連れて行く場所に悩んでいる岡山近郊のお父さん、お母さん。おすすめですよ!


DSC00161.jpg
ファイルのダウンロード

ダウンロードしてご覧ください(^^)

しょうゆぶっかけシリーズ再挑戦

しょうゆぶっかけソフトクリームで有名(?)な閑谷学校のおみやげ屋さん。遠方から来た友達に変わった物を食べにいこう!とさそって久しぶりに行ってきました。今回挑戦のメニューは、その名も「しょうゆぶっかけチーズケーキ」!

nobori.JPG

おお!神戸進出の影響か、土日限定での発売とのこと。早速食べてみました。

kake.JPG

はう〜。しょうゆぶっかけのデザートソースがチーズケーキにしみこんでますぅ。これは新発見の味ですね・・・。
ちなみにこんなメニューもありました。

menyu.JPG

続きを読む "しょうゆぶっかけシリーズ再挑戦" »

2004年8月 2日

CASSHERN:キャシャーンDVD発売!

キャシャーン公式サイト

DVD「CASSHERN」10月23日に発売!ということで、内容は・・・

特典ディスクを加えた2枚組みで4,985円片面2層、約141分。スクイーズで収録。
音声はドルビーデジタルEX、DTS-ES、ドルビーデジタルステレオ、英語字幕もあり。
特典ディスクはメイキングや監督、キャストのインタビューなどを収録とのこと。

何かと話題になった「映画キャシャーン」。美しい映像世界をライブラリーにどうぞ。特典ディスクに未公開映像がたくさん、なんてことしてくれないだろうか・・・と思いつつ、ストーリーのわかりにくかった部分をもう一度見てみたいと思います。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »