無料ブログはココログ

« 錦城 薫 ・ アヴェーナ | トップページ | CASSHERN:キャシャーンDVD発売! »

2004年7月31日

夏の喪失

東の真っ黒な積乱雲から
道ばたの斑点が来たのかと
街灯の向こうに目をやる
真っ青な空を押し上げるように
夕日が染まっている

 高校生だったあの日
 影もない真昼の道ばたで立ちつくしたのは
 君の口から不意に漏れた
 別離の花言葉のせい

 そして夏は喪失した
 照りつける日差しも
 焦げ付いたアスファルトも
 心を焼くことはなかった

花火の響きが聞こえはじめて・・・

こうしてまた、季節がめぐり
あの時のあなたに邂逅する

いつのまにか街灯が月より明るくて
僕はしばらく
あの日と同じように
立ちつくしていたようだ

今日の空

« 錦城 薫 ・ アヴェーナ | トップページ | CASSHERN:キャシャーンDVD発売! »

」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
なんか、いいですね。
焦げ付くような
夏の暑い想いが
胸をかきむしるような感じ。
自分もまた無性に詩が書きたくなりました。
どうもありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/1088984

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の喪失:

« 錦城 薫 ・ アヴェーナ | トップページ | CASSHERN:キャシャーンDVD発売! »