無料ブログはココログ

« オゴディ(-1241)Ogedhi | トップページ | 今日閉園・あやめ池遊園地 »

2004年6月 5日

我がこころの「くろ」

新学期。桜と新緑の季節の学生時代。

大学のクラブボックス棟に捨てられていた子犬が4匹。目も開かないうちに捨てられた子犬たちは、可哀想で可愛いかった。さすが大学、人間の数だけは多かった。3匹は次々に里親が見つかったけども、この子は夏休みになっても里親が見つからない。

仕方がないので最後の手段。当時、4回生だった私は、2才年上の兄を亡くし、ショックで情緒不安定に磨きがかかっていた母と、涙など見せたこと無かった父の弱みにつけ込んで実家に連れ帰った。

電車で粗相をさせてはいけないと、朝から断水及び断食。ついでに私も断食した旅は、新幹線と私鉄を乗り継ぎ延々6時間。

先住犬はいたものの、持ち前の無邪気さと物怖じしない愛想の良さで、兄を亡くした家族にとって予想以上の救いになったらしい。特に母は片時も離さず、あまり感情を表に出さない祖母もマメにご飯を作ってあげていた。
先住犬に服従を誓いしつけられた彼女は、長生きだった。そう、還暦に赤いちゃんちゃんこを着るくらいには長生きしてくれた。・・・ほんとは、退屈した私がふざけて母の上着を着せてみただけなんだけどね・・・

ありがとう、クロ。君の存在は我が家の光だったよ。
今でも大好きだ。

kuro.jpg

« オゴディ(-1241)Ogedhi | トップページ | 今日閉園・あやめ池遊園地 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/717743

この記事へのトラックバック一覧です: 我がこころの「くろ」:

« オゴディ(-1241)Ogedhi | トップページ | 今日閉園・あやめ池遊園地 »