無料ブログはココログ

« 本 | トップページ | ちょっとだけデザイン変更 »

2004年5月30日

コナン君、虫眼鏡を奪われる

最近、水戸黄門パターンで人気(いやそれ以上にキッドが出てくると盛り上がる?)の名探偵コナン。原作者の青山剛昌さんの出身地である鳥取県大栄町にはコナン君の銅像があるそうです。ご当地の観光に一役買っているそうです。

そのコナン君の像の一部が持ち去られる事件が頻発という新聞記事を読みました。いたずらなのかコレクターの仕業なのか。このコナン君の像に限らず、各地で同じような破損事件は沢山あるのではないでしょうか。神戸の震災モニュメントのガラスを割ってみたり、広島平和公園の折り鶴に放火してみたりという事件も根が同じように感じます。

子供は自分の所有物と他人の所有物のくべつが付かない時期があるといいますが、そういう時期のまま、少年になったり大人になったりするのでしょうか。町のあちこちにあるペンキスプレーでの落書きも「自分だけがよければいい」という利己主義の表れでしょう。(子供の利己主義と同じには語れないでしょうけどね。)

他人を思いやる気持ちっていつ学んだのか思い出せないなぁ。やはり、子供の頃飼った犬や鳥と接してだったか、初恋の頃だったか?

話はそれましたが、怪盗キッドの銅像があればおそらくあのモノクルは間違いなく盗まれるね。たぶん。

« 本 | トップページ | ちょっとだけデザイン変更 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/679320

この記事へのトラックバック一覧です: コナン君、虫眼鏡を奪われる:

« 本 | トップページ | ちょっとだけデザイン変更 »