無料ブログはココログ

« 沢田研二をBGMに・・・ | トップページ | キーボードのお手入れ »

2004年5月19日

二つの訃報

訃報についてたりーずふぁいるで触れるのは2回目です。トピックと言うよりは、二つの訃報で感じた自分の思いを簡単に記録しておこうと思います。

三橋達也(1923-2004)
 出演されたドラマや映画をじっくり見た記憶がなく連想ゲームでの印象がつよいです。連想ゲームは家族5人で小さなビクター製のテレビを見ながら夕食を食べた子供の頃の家庭の記憶につながっていきます。キャシャーンの映画中で新造人間のひとりの記憶につながっていくように。キャシャーン公式サイトも喪に服しています。(2004/5/19現在)

鈴木貴久(1963-2004)
 私との年齢差わずかに2年。まさに同世代の選手でした。伝説の10.19川崎球場での活躍は忘れません。近鉄選手が彼の意志を継いで、今シーズンそして来シーズン以降も向上心を忘れずあきらめない野球を続けてくれることを切に祈っております。

合掌。


« 沢田研二をBGMに・・・ | トップページ | キーボードのお手入れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/621280

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの訃報:

« 沢田研二をBGMに・・・ | トップページ | キーボードのお手入れ »