無料ブログはココログ

« 「ルパン三世風タイトルメーカー」は面白い | トップページ | 写真展「藤原新也の聖地」をみてきました。 »

2004年5月15日

映画キャシャーン・興収20億円の勢い

紀里谷監督新人異例、興収20億円の勢い

同作品は4月24日に全国128館で封切り。週末や大型連休中に連日満員の状態が続いたため、都内メーン館を、丸の内ピカデリー2から、同館より客席数が多く「キル・ビルVol.2」を上映中の丸の内ピカデリー1に変更する措置がとられた。現在まで約2週余りで興収約11億円を記録。

 新人作品にしては異例の勢いのようですね。批判の声が多いのもそれだけ注目されている裏返してすし、ビジネスベースで考えれば「売れれば勝ち!」なわけですから、映画キャシャーンは大成功だったという結果のようですね。

公式サイトではツメロボやキャシャーンのフィギアも販売されてますね。

banner.gif

« 「ルパン三世風タイトルメーカー」は面白い | トップページ | 写真展「藤原新也の聖地」をみてきました。 »

キャシャーン(特集)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/597280

この記事へのトラックバック一覧です: 映画キャシャーン・興収20億円の勢い:

« 「ルパン三世風タイトルメーカー」は面白い | トップページ | 写真展「藤原新也の聖地」をみてきました。 »