無料ブログはココログ

« クオリア(QUALIA)新ラインアップ | トップページ | 川尻完投!反撃はこれからや! »

2004年4月23日

万葉人も厳しい査定-飛鳥京跡で考課木簡

万葉人も厳しい査定-飛鳥京跡で考課木簡奈良新聞(4月22日)

明日香村岡の酒船石遺跡で7世紀後半の石組み溝から出土した木簡が、現在のボーナスにあたる「季禄」の考課表だったことが、21日までに分かった。飛鳥京跡で考課木簡が見つかったのは初めて。1300年前の役人たちも、勤務日数によって厳しく「査定」されていたらしい。村教育委員会の平成14年度遺跡調査概報(先月発行)に掲載された。

ううっ・・・成果主義導入等、勤め人には厳しい時代が来たなぁと思いきや、万葉の時代から勤め人は考課され続けているのでしたか・・・。なんだか、1300年前の役人さんの事と、人ごとにできない気分が(>_<)

« クオリア(QUALIA)新ラインアップ | トップページ | 川尻完投!反撃はこれからや! »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/484037

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉人も厳しい査定-飛鳥京跡で考課木簡:

« クオリア(QUALIA)新ラインアップ | トップページ | 川尻完投!反撃はこれからや! »