無料ブログはココログ

« Nスペ・地球大進化・人類への旅 | トップページ | 岩隈・ハーラートップの4勝目!! »

2004年4月18日

誇りと何の関係が・・・

追憶の200X年さんのエントリー日本人の誇りとは…?を読んで、なんだかなぁという思いが加速しました。

自身のエントリーには「いろんな人がいろんなところで騒いでいるけど、本当に悲しい思いをしているのは家族や彼らの関係者の方々。」と書いたのですが、その問題の「いろんな人」にご家族が混じってしまったとは・・・。

テロ行為の一番嫌なところは、よってたかって被害者と関係のない人が自分の目的のためにそれを利用するところです。この場合、家族は被害者じゃなく、利用する側になってしまっているかのようです。ふぅ。

彼ら3人の命を救うことと、日本人の誇り(そもそも、そんな現在では存在すら怪しい概念を持ち出すなっちゅーの)と何の関係があるんでしょうね。誇りを守るために救うんじゃないのでは・・・。

自分がドラマで悲劇の主人公になった気になって舞い上がってしまう「シンデレラ症候群」にかかったとしか思えないですね。何かをしていなければ精神的な安定を得られない、その代償行動として署名運動をしているとしか思えない。全人類の平和の代弁者のような気持ちになって「日本人ならば私たちの味方、署名して当たり前」みたいな行動があったと聞くとやっぱ、醒めちゃいますよね。

3人についてもいろいろ批判があるようですが、以下のリンク先の記事もいろいろな示唆を含んでいます。いろんな視点から考えてみるのがいいかな。そう思わされます。3人の行動も誇りに思うべきだという視点。(でも、アメリカの行動に批判的な藤原新也野発言がパウエル発言と重なる部分があって面白いですね・・・)

一億総無責任時代の中の“自己責任”の大合唱にはゾッとするな
藤原新也オフィシャルサイト


4/18(更新) 無駄で不適切すぎる表現の部分を削除しました。

« Nスペ・地球大進化・人類への旅 | トップページ | 岩隈・ハーラートップの4勝目!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/455696

この記事へのトラックバック一覧です: 誇りと何の関係が・・・:

» よい目的のための自己責任 [こすもす]
 このところ,あちこちを見て「どうも変だ」と思っていたことがこの記事を読んですっ [続きを読む]

» ■「自己責任」にまつわるエトセトラ [it1127の日記 ]
 今回の一連のイラク邦人人質事件に端を発した、「自己責任」の是非をめぐって議論が [続きを読む]

« Nスペ・地球大進化・人類への旅 | トップページ | 岩隈・ハーラートップの4勝目!! »