無料ブログはココログ

« お客さんは聴いてくれる人でしょ? | トップページ | 火の鳥で思うこと »

2004年4月 2日

桜の季節に思い出すこと

この時期になると思い出すことをつらつらと・・・

そのいち ・ タンポポ調査

高校時代、生物の先生の手引きで学校周辺のタンポポ調査をしました。思えば、タンポポという植物への思い入れはこの時にできたのですね。クラブ活動で天体観察などもしていましたから、私の精神世界のルーツかも知れません。この季節になると桜よりもタンポポの花が気になる変わり者です。

そのに ・ 吉野で雪と桜

大学時代の友人夫婦と大滝村の奥にある秘湯に言ったときの話。桜が満開に近い季節だというのに、吉野では積雪になるほどの大雪。でもその時の風景はホントに美しく、目に焼き付いています。天川から洞川、そこから峠を越えて大滝村に抜けるルートは今でも大好きなドライブコースです。

そして ・ ソメイヨシノ

桜・ソメイヨシノ。この花が一斉に咲くのを見て思い出すのはこの木が「接ぎ木」だけで増やされた、遺伝子的には全く同一の、一本の木であると言う話を聞いたこと。日本中にあるソメイヨシノはたった一本の原木から接ぎ木で増やされてきたのだという事実を告げられたとき、なんとも不思議な気分になりました。同じ木だから一斉に咲くのですね。もし、ソメイヨシノを枯らす病気が大発生したら一気に滅びかねない危うさ。種をつけることのない美しいことだけを求められた木。

一斉に咲くソメイヨシノを見るとき、このことばかりが思い浮かび、花に語る言葉が見つからないのです。

« お客さんは聴いてくれる人でしょ? | トップページ | 火の鳥で思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/383625

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節に思い出すこと:

« お客さんは聴いてくれる人でしょ? | トップページ | 火の鳥で思うこと »