無料ブログはココログ

« 川尻完投!反撃はこれからや! | トップページ | 映画キャシャーン・追加情報ぅ »

2004年4月25日

CASSHERN見てきました(ネタバレ有り)

映画キャシャーン。見てきました。

一言で評すと、傑作ではなく問題作ですね。

一日で「名探偵コナン・銀翼の奇術師」と続けてみたので頭がボアーっとしておりますが、無理はするもんではないと反省しております。しかし名探偵コナンと見事に客層が違いますね。入場前の人をウオッチしていても明らかにキャシャーンもーどに入ってる人は「オーラ」がでていました(笑)

以下感想ということで、ネタバレを含むのでまだ見てない方、先入観を持ちたくない人は開かないでください。

まずひとこと。あちこちにアニメ好きならほほぉと思うシーンがちりばめられておりましたがクロスカウンターはいかんですよ(笑)パン_・)チラもサービスシーンもないよ。アニメオタッキーな期待は捨てて見に行きましょう(笑)フレンダーにはちと笑ってしまいました。ウケタって事ね。

キャシャーンというキャラクターを使って、新しいストーリーと世界観を作り上げてしまった同人誌的情熱にまずは拍手を送りたいと思います。パンフレットにも書かれていましたが(このパンフがまたかっこいい)映像美やCGを目当てに、または宇多田ヒカルの旦那が作った映画、という事で見に行った人はかなり面食らうんじゃないかと思います。あと、スパイダーマンみたいな娯楽作品を期待した人も。かっこいいキャシャーンは出てきませんので、感情移入したい人向けでもないですね。

前半でアンドロ軍団のロボットが行進する時の「カゲ」なんかは、TVキャシャーンのエンディングを想起させますね。うーん。アンドロ軍団の武器はほぼオリジナル通りでしびれました。

だんだん登場人物が死んでいき、どうしようもない最後の決戦に超巨大兵器同士の戦い、魂のごとき光が束になって宇宙空間へ・・・・FF7・・・いや、この物語構造は「キャシャーン」じゃなく「IDEON発動編」ですよ・・・。あの感情移入を拒否するキャラクター作りといい。エバの影響があるという指摘をする人もいるみたいだけど、どこを見てそう思ったのか?謎です。漢字を多用したデザインのことですかね。みてくれを影響というのならそうなんでしょうけど本質的なものじゃないですね。今回の映画で足りなかったのはキャシャーンの「やさしさ」かな。原作にあったあの優しさが感じられなかったのがとても残念でした。そういう意味では救いのない作品になってしまった。

あと、「宇多田ヒカルの長編プロモみたいなもんだ」という指摘もたぶん出てくるんだろうけど、映画本編の中では歌は流れないし、最後のテロップの時に流れてただけ。そういう見方は有名人の歌+映画(TVドラマ)=タイアップ宣伝みたいなステレオタイプな見方でしかなく、事前のシングルのプロモーションを見ていてもこの曲をそんなに沢山売ろうとしているようには思えないですよ。うがった見方だと言い切っておきましょう。映画の内容が理解できなかった人は素直に「わからん映画だった。つまらん映画」と言っておくほうが素直でステキな意見だと思いますね。

TVキャシャーンは「テクノロジー」と「人間」の関係が物語のバックボーンにあって、そこに戦争の生み出す悲惨さなどが加わっていたと考えています。が、映画キャシャーンはそこに「神」のごとき超越した存在にその物語の回答をゆだねるような印象があります。生きることの本質を問う台詞「生きると言うことはそれだけで誰かを傷つけているということ・・・」が、なんだかしみました。謎解きSFではないようで結局いくつもの謎は、謎のまま。でもたぶん、それでよかったんだと見終わった瞬間に思えました。

テーマに芯があり、物語がそれに対してぶれないで進行していく、骨のある作品ですね。突っ込みどころはかなり沢山(カット割りとか脚本とかね)ありますが、映画初監督でこれだけの世界観を描き出した紀里谷監督に、惜しみない拍手を送りたいと思います。それは、だれもできなかったことをやったから。酷評している人もいるようですが邦画のこの手のジャンルの映画でこの作品以上の出来の物があれば教えて欲しいと思いますね。つたない部分は今後の可能性を信じて、欠点ではなく今後の課題として評価したいと私は思いました。

次は監督のオリジナルストーリーを見てみたいですね。テッカマンでもいいです(笑)

4/30追記

このへんから飛んできた人はこっちも参照ください。

« 川尻完投!反撃はこれからや! | トップページ | 映画キャシャーン・追加情報ぅ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

キャシャーン(特集)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/489588

この記事へのトラックバック一覧です: CASSHERN見てきました(ネタバレ有り):

» CASSHERN [Filtration]
■公式サイト そんなわけでKILLBILL2に大満足して、続けてCASSHAE [続きを読む]

» 憎しみと闘い、愛とキャシャーン(CASSHERN)を見て思うこと… [takeratta::Blog+]
C A S S H E R N .com つい昨日、憲法改正と戦争と平和について考え始めたときに、 ちょうどこの映画にであいました。 cちゃんのお薦め... [続きを読む]

» 映画「CASSHERN」 [無責任 Memo]
巷では、見事に賛否両論な訳ですが、実は先日、「CASSHERN」も 観てます。 [続きを読む]

» ■CASSHERN 血みどろの戦士 [★究極映像研究所★]
 ネットの評判で観にいくのを止めようかと一瞬思っていたのだけど、行ってきました、 [続きを読む]

» 【禅問答】CASSHERNの瞳にうつるものは何?! [takeratta::Blog+]
CASSHRNの壁紙をダウンロードして、未だに余韻にひたっているtakerattaです。 ふとね、おもったの。 東鉄也(CASSHERN=キャシャーン)の瞳に ... [続きを読む]

« 川尻完投!反撃はこれからや! | トップページ | 映画キャシャーン・追加情報ぅ »