無料ブログはココログ

« 季節がめぐっていく | トップページ | 炎の筆魂:島本和彦 »

2004年3月 4日

結婚について考えてみたりする

 いきなり「結婚」というものについて考えてみるのです。

 まず基本的な私の考えとしては「結婚とは制度である」ということですね。つまり「結婚」と「恋愛」は直接関係ないと考えています。恋→愛→結婚→出産・・・という進化論的な流れは幻想でしかありません。幻想でしかないものに実体を見いだそうとするからいろいろな混乱や悩みが生まれると思うのです。

 結婚制度はなぜあるのか、と考えるといろいろな意味はあると思いますが、それは「家系」とそれにまつわる既得権益を守るための道具であったり、女性を家に閉じこめて男性中心の社会に関わらせないための口実であったり、法治国家という大枠の中で誰の子供であるか?という事を戸籍で証明していくためのシステムであったり。。いずれも支配する側から便利な制度。いくら考えても恋愛というものの究極の形が結婚であるという結論には達しないのです。やはり原因は結婚が制度であるという事からでしょう。

 人間が結婚にこだわることをやめないのは、人間に唯一残されたともいえる本能、生殖行動を制度化することによって守ろうとする、一種の防衛行動であるとも思えます。子供を作るということは男女でしかできないこと、そして自分にとって一番ベストな相手をお互いに選びたい、これも本能。社会的な動物である人間はこの「ベスト」を決める際に「家系・血筋」や「宗教」「人種」まで条件に含めて考えてきました。

 しかし、社会の変革とともに「ベスト」の条件も変わってきました。ついには「異性」であることまで条件から外れてしまいそうですね。そうなると元々のこの制度の存在理由が意味をなさないものになってしまいます。なぜそんなことになってしまったのか。やはり恋愛の先にある究極の形が結婚であるという幻想が一人歩きしてしまったのかな。(一夫多妻、一妻多夫ってのも場合によってはありますがそれは結婚制度のルーツからは矛盾しませんね。)

 愛する人と結ばれて家庭を持つことは幸せなことです。でも、それを「結婚」すると定義しないで欲しい。結婚して社会的制度に認められることが幸せを約束すると言うことではないということを理解して欲しい。「結婚したのだから」という前提ではなく「愛があるから」家庭が幸せになってほしいな。

 そして、結婚をためらう女性・男性には結婚なんて制度のことは忘れて、誰かを愛することを追求して欲しい。男女同士でも、同性同士でも結婚なんてくそ食らえだ。愛だけがあればいいんじゃない?結婚は制度であり結婚式は通過儀礼。決してゴールじゃない。

 いろんな複雑な事情で結婚できない人もたくさんいるでしょう。でも、愛することだけはやめないで欲しい。子供を虐待したりDVなど悲しいニュースが続くからでしょうか。とにかくそう思うのです。


 

« 季節がめぐっていく | トップページ | 炎の筆魂:島本和彦 »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも拝見しております。
ところで、私は5年前に結婚しましたが、
個人的には結婚してよかったと思っています。
私も「結婚なんて」と思っていたけど、
今のカミさんと知り合って結婚したことは、
私にとって自然なことであり、シンプルな答えでした。

でも、結婚したからといって全ての人が幸せになるとは
思いません。大切はのは結婚するかどうかでなく、
愛があるかどうかだと思います。

きんちゃんさんコメントありがとうございます。

結婚に関して決して否定的な考えを持ってるわけではないんですが、やはりそこにある意味を見直す意味での批判的な考察をしてみたわけです。結局、愛があるかどうかが、結婚の成否に大きく関わってくるのは間違いないですね(^_^)

たりぽんさん、こんにちは。
今日は、たりぽんさんの恋愛のところにお邪魔しました。
そしたら、結婚のことに触れられていたので・・
私も、どうして結婚しなくちゃいけないの?ということを書きました。(こうゆ~ときにトラックバックするんでしょうか?いまひとつ、意味がわかってないかもしれません)
でも、それは大抵、結婚しているかなり私より年上の男性から『どうして結婚しないの?』と聞かれることが多いです。
なぜか、腹がたつんです。だから、その返事には『どうして結婚しなくちゃいけないの?』と反対に聞くんですけど、誰ひとりとして私の納得いくような答えを言ってくれる人は、いません。

私も結婚がゴールだと思っていません。
まず、愛が一番最初で一番大事なことだと思っています。
生意気なコメントになってしまいました、すみませんm(__)m
でも、結婚について、私の方が否定的な見方をしているかもしれませんね・・・。

こういうときにトラックバック使ってください(^_^)

中国・雲南省の少数民族「ナシ族」の中の一部族には、今でも女系家族の仕組みがまだ残っているそうです。母方の家系でつながっていくのですね。

こういった例からも「結婚」という制度の形すら普遍的な形ではないのですから「制度」にこだわる人は視野が狭い!と言わざるをえません。

人として、どういう家庭を作りたいかという事こそもっと真剣に考えるべきでしょうね。愛する人が出来ればずっと一緒に居たくなるもんだと思いますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/261689

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚について考えてみたりする:

« 季節がめぐっていく | トップページ | 炎の筆魂:島本和彦 »