無料ブログはココログ

« 超古代史の真相 | トップページ | タンポポ紳士録(冬のタンポポ) »

2004年3月14日

ケンタッキーの東

最近のニュース番組で鳥インフルエンザ関連が報道されるたびに鶏舎が映し出されますよね。不謹慎で申し訳ないのですが、不意にザ・ナンバーワンバンドの「ケンタッキーの東」という歌が思い出されてならないんです。

小林克也&ザ・ナンバーワンバンドのアルバム「もも」。六本木のベンちゃんというナンバーが有名(?)ですが、私はこの「ケンタッキーの東」が一押しです。卵から生まれた「僕」のママとパパの運命。

<次の朝目が覚めたらママはもういない。あの悲しい叫びはやっぱりママだった〜>

とかいう歌詞が強烈でした。これは魂の叫び、ロックですよ。ロック。鶏の叫びです。
アマゾンでCDかおーかな。

« 超古代史の真相 | トップページ | タンポポ紳士録(冬のタンポポ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/299550

この記事へのトラックバック一覧です: ケンタッキーの東:

« 超古代史の真相 | トップページ | タンポポ紳士録(冬のタンポポ) »