無料ブログはココログ

« タンポポ紳士録(飛翔する種) | トップページ | 実写キャシャーン予告編を見て »

2004年2月18日

消費税総額表示のねらい

消費税総額表示

まあ要するに税込み価格での表示に統一することを法令化するということですね。新聞などの記事を読むと消費税率アップのためのステルス化という事だけがクローズアップされています。

私が考えるにこれは「消費税複数税率導入のための布石」という一面を欠かせないのではないかと思うのですが、ほとんどの新聞は触れもしていませんね。時期を予想すると・・・小泉政権の間は消費税アップなしという公約を信じれば2006年まではない。そして消費税総額表示は2007年度までに、ということなのでズバリXdayは2007年度じゃないかな。消費税が一律10%ということではなく贅沢品では30%、食料品では3%というようなこともあり得ますね。そのための総額表示なら必要な措置かも知れません。

関連ココログ記事 ミニ不況がやって来るby 高知と言えば、よさこい祭り

« タンポポ紳士録(飛翔する種) | トップページ | 実写キャシャーン予告編を見て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

考察」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、iyotaです。トラックバックいただきありがとうございます。

たしかに「複数税率導入の布石」という見方もできますね。
そう言えば、「ガソリンや酒類の2重課税」の問題も、この際、改善してもらいたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/207600

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税総額表示のねらい:

« タンポポ紳士録(飛翔する種) | トップページ | 実写キャシャーン予告編を見て »