無料ブログはココログ

« 音楽を聞くこと | トップページ | 400Hz »

2004年2月 8日

ドキュメント・エルサレム(2)

ドキュメント・エルサレム(前編)の続き。

ドキュメント・エルサレム(後編)を見ました。一神教の宗派争いの中心地がエルサレムという場所に集約されているということがよくわかりましたねぇ。アメリカ兵器産業の発展のために中東地域はあえて混乱状態におかれていると私は感じていたのですが、今回の番組を見てもその感覚は同じでした(番組でその部分を強調していたわけではありませんよ)。

 なかでも一番気持ち悪かったのはキリスト教福音派の方々。思わずドラグネットー正義一直線ーを思い出してしまいました(^_^;)アメリカで分厚い絨毯のひかれた部屋でお茶を飲みながら「エルサレムにキリスト教徒が入れるようにするために、年間数億ドルにも及ぶ無償武器供与をイスラエルに行うのだ〜」なんて言ってるかと思うと、一神教の宗派の中ではキリスト教徒が一番戦争好きのように思えますね。

 自爆テロについてはアサシン(暗殺教団)の存在があったイスラム教の一番危険な特色が出ていると思えますね。うーん。やはり、モンゴルのように強力な外圧がないとまとまらないのでしょうか?しかしアメリカはモンゴル軍にはなり得ないでしょう・・・同じ宗派争いの仲間ですから。まさに出口のない袋小路。

 中国が巻き起こしかねない「歴史認識戦争」が同じような歴史構造なのも非常に危険を感じますね。

« 音楽を聞くこと | トップページ | 400Hz »

歴史」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。TBありがとうございました。

 前編を見直してまして後編はこれから書こうかと思うのですが、感想としてはかなり被ってるかも知れません。あの福音派の人たちの気持ち悪さったらなかったですよね。

 キリスト教の戦争好き? という点でこんな記事思い出しました。

復讐するは我にあり(新約聖書)
http://be.asahi.com/20030503/W21/0001.html

すみません、TB前編に送るつもりで後編の方に送ってしまいました(_o_)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/177878

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメント・エルサレム(2):

» Nスペ「ドキュメント・エルサレム」前編 [むいむい星人の寝言]
 後編の再放送は2/9(月)2415~。後編だけでも見応えがあるので、未見の方は是非。 [続きを読む]

« 音楽を聞くこと | トップページ | 400Hz »