無料ブログはココログ

« 愛は与えるもの? | トップページ | 寝る前に気分が変わって・・・ »

2004年1月26日

タンポポ紳士録(4)

シロバナタンポポ(Taraxacum albidum Dahlst.)

 いつも彼女と出会うのは、山の裾野の空き地でした。花の咲くシーズンに訪ねると、美しい白い花を木漏れ日の降る道ばたに輝かせています。ちょ っと大柄な姿、薄い緑色の葉っぱをコーディネートするセンス。群れることなく咲くその姿がとてもりりしくて好きでした。

しかし、その美しい姿とは裏腹に、彼女は単為生殖で種を作るタンポポ。

孤独な愛だけを慈しんで綿毛を旅立たせる、そんな悲しさが彼女の花びらを白くしてしまったのかもしれません。

3月30日追加
トラックバックしました(^_^)
白いタンポポむしめずるさん

« 愛は与えるもの? | トップページ | 寝る前に気分が変わって・・・ »

たんぽぽ(特集)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/139204

この記事へのトラックバック一覧です: タンポポ紳士録(4):

« 愛は与えるもの? | トップページ | 寝る前に気分が変わって・・・ »