無料ブログはココログ

« 心象素描だから直接派 | トップページ | 生命の数直線 »

2004年1月19日

そのうち南越もやられるぞ

高句麗歴史問題をその後ずっともやもやしながら考えていたわけです。

もし、高句麗が「中国の地方史」であるとしたらベトナムはどうなるんだろう?おそらく同じような事を言い出すに違いないでしょうね。「南越史は中国の地方史である」と。そもそも中国はベトナム地方を属国として扱ってきた歴史があるので、すんごくあり得る話だと思うんですよね。

 ベトナムのこの問題(高句麗問題)に対する反応も知りたいですね。

ベトナムの南半分、チャンパ王国の版図であった地方は文化的・宗教的に中国の地方とは言い難いけど、北の方はかなり中国の影響が強いので、導火線あり!とにらみます。

 まあ、そんなこと言い出したら「大理王国史」などという中国の地方史も出てきそうですが、大理の人にしてみれば「俺たちはモンゴルに屈したのであって中国に併合されたつもりはないぜ!」って言うかも知れません。台湾も海南島も「華人がはっきりと住み始めたのは近代になってから」じゃなかったかな。

 この問題には示唆される部分が多いですね。

« 心象素描だから直接派 | トップページ | 生命の数直線 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/114611

この記事へのトラックバック一覧です: そのうち南越もやられるぞ:

« 心象素描だから直接派 | トップページ | 生命の数直線 »