無料ブログはココログ

« OMよ永遠に | トップページ | 追伸:9年前に学んだこと »

2004年1月17日

神戸淡路大地震を振り返る

明け方。遠いところでかすかに異様な雰囲気がしたようで目が覚めたのでした。当時、高槻にすんでいました。布団に半身を起こして「?」と思っていると、大きな揺れがきました。ベットの真上にエアコンの室内機があったのでなんだか恐ろしく視線を外すことができませんでした。

 その時は高槻市周辺が震源地かと思いました。後から考えると何でそんなこと思ったのかわからないのだけれど、それぐらい揺れがきつかった。実家は水田を埋め立てた軟弱地盤の上に立てられた昭和の家なのですごく心配になって電話をかけました。そのときはすぐにつながって安否は確認できました。そしてなぜか神戸の友達の事が気になって電話をかけたのですがつながりませんでした。大阪にはたくさん友達がいるのですがなぜ神戸の友達に電話したのか、今でも不思議です。

 家の中は多少の落下物があるぐらいで、体感した揺れほどの被害はなかったので、しばらくぼ〜っとしていました。そしてテレビをつけて初めて事実を知りました。その後は報道で流れたとおりです。大きな余震もありました。高槻でも私の家の近所では、かなりの数のブロック塀が倒壊していました。

 結局、神戸の中心地に住む友達は会社の用意した寮に移るまでの数日間、我が家で避難生活。数日後、倒壊した友人宅まで荷物を引っ張り出しにいったりもしました。あのときの神戸は今でも脳裏に焼き付いて離れません。

 あの時まだ煙から逃げまどう人がいるというのに「東京で大地震が起こったらどうなるか?」とかシミュレーションしてみたり「湯治場の湯煙みたいだ」などとのたもうた無能な輩をメインキャスターにしている在京メディアが、すべての報道にわたっていまだに信用できないままです。イラクの報道にも脈々と同じ文法が横たわっていますね〜。東京でテロが起きたらどうなるかとか。

反面、ラジオの持つ力を再度確認したり、携帯電話の普及に加速がついたのも震災の後だったように記憶しています。この震災の時ほど、人が、人とつながっていたいと思う動物なんだと思ったことはありません。あの時の街を舞台にして「なぜ人を殺してはいけないか?」なんて議論する事はできないでしょうね。

地震の時に行方不明になっていた友人の猫は、その後家を撤去する際に隣家の床下から餓死しているのが見つかりました。おそらく地震に驚いて逃げ込んでそのまま。

人間だけでなく、いろんな物や命が失われたことを忘れないよう、そして思い出せるように。毎年、この日がやってくるのかも知れません。


 

2004.10.23 新潟での地震にあたり再び思いかえしました。

« OMよ永遠に | トップページ | 追伸:9年前に学んだこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/111075

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸淡路大地震を振り返る:

» 追伸:9年前に学んだこと [たりーず・ふぁいる]
先のアーティクルへの追伸。  あの経験で9年前に学んだこと。  身近なところで差し出された救いを求める手は躊躇無く握り返さなければならない。  それが、私という... [続きを読む]

« OMよ永遠に | トップページ | 追伸:9年前に学んだこと »