無料ブログはココログ

« 歴史はエピソード記憶でいいのか? | トップページ | コスモドラグーンの歴史 »

2003年12月28日

お気に入りの時計の事

非常に使いにくい時計なんだが、これまた非常に気に入っているのであります。それはThink the Earthプロジェクトの時計wn-1です。

どうやって時間を読むのか?と誰もが思う、その時計らしさのないデザイン。そしてそこに秘められた想い。これは北半球バージョンで、南半球バージョンのws-1もラインナップされています.

なかでも気に入っているのは、針をかねる地球儀が24時間で一回転するそのノンビリさです。いつでも北半球の姿を一望でき、世界征服の夢もふくらみます(プロジェクトの意向に反してるぞ!!その考え)

DSC00653.JPG

隠されたスペックとしては「非常時には武器になる」ことや「初対面の人との話のつかみに使える」など意外と飲み屋でも有効なスペックが秘められています。高級時計を値段以外で本当に語れる人はなかなかいませんが、この時計なら違う土俵で勝負できます!!(なんのこっちゃ)

« 歴史はエピソード記憶でいいのか? | トップページ | コスモドラグーンの歴史 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6047/56295

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの時計の事:

» ガラスの地球 [空と風]
今日、ココログでとあるサイトを見て驚いた。 こんな時計があるなんて全く知らなかった。 もう10年も前。愛する人に送ったガラスで出来たこんな地球儀(左側)にそっく... [続きを読む]

« 歴史はエピソード記憶でいいのか? | トップページ | コスモドラグーンの歴史 »